診察のご案内

  • TOP
  • 診察のご案内

主な症状について

物がはっきり見えず、かすみがかったように見えるなどの症状はありませんか?

このような症状があらわれたら、目の病気のサインかもしれません。視神経の障害によって、自覚症状なくしだいに視野が欠けていく病気等の可能性もありますので、早めの診療をお勧めします。

手術までの流れ

  • STEP01
    画像

    問診票をご記入ください

    ご来院されて最初にあなたの目の状態や生活についての問診票を記入していただきます。 そのあと手術についてのかんたんな説明があります。

  • STEP02
    画像

    適応検査を受けていただきます

    視力検査や眼底検査などを実施して、手術に必要な検査を行います。 検査結果によっては手術を行えない場合もあります。

  • STEP03
    画像

    手術についてのカウンセリング

    手術方法や手術日が決まった段階で、所定の同意書を提出していただきます。 これは医師と患者さまの話しあいの結果を確認しあうためのものです。

  • STEP04
    画像

    手術開始

    点眼麻酔などにより、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

  • STEP05
    画像

    手術後はすぐに帰宅できます

    手術が終われば、すぐに帰宅できます。手術当日は安静にしていることが理想です。なにか異常がありましたら、すぐに当院までご連絡ください。

手術後のケアについて

術後早期の細菌感染を防ぐことが重要です。

水などを手術した眼にとばさないこと、指示通りに術後の点眼をすることが大切です。眼球の中は細菌にとってとても快適な環境なので、眼に入った水などから細菌が眼球内に入ると、急激に細菌が繁殖して強い充血や痛みが生じ、視力がでなくなってしまうことがあります。手術後1週間、特に最初の3日間は注意が必要です。

手術後の洗顔・入浴について

手術後は洗顔・洗髪は避け、絞ったタオルで拭く程度にしてください。入浴はしてもかまいませんが、首から上にお湯がかからないように注意してください。